体験談への感想とヘリオセントリック

星読み

今日は、体験談を読んでの感想を書いてみたいと思います。
まずは、としさんが投稿しているこちらをお読みくださいね。

 

そしてそもそも人は無価値な存在とのことです。

ひゃ~、さすがそよ風くん!
そう言語化できていなかったけど、そういう感覚でいられるようになったから、先日の投稿で書いた受け取り上手になってきたっていうのもあるな~って思いました。

何かの役割を果たしたり、メリットを提供できないと「居る」価値がないと思ってしまうと、本当の意味で、自分を満たしたり、楽しんだりすることが難しいのだと思います。

 

いい意味で降参して、頑なに守ってきた何かを明け渡してしまえる自分になってきたことで、「そもそも人は無価値な存在」という意味というか感覚が分かるようになってきました。

これ、無価値だから自分には価値がないんだ~、やっぱり自分なんて、、、というお話ではないので、自分責めの材料に使わないでくださいね。

そよ風くんもそんなことを言ってないのは、としさんの体験談を読んでいただければ分かるかと。

成長とはできないことを知ること、
自分にはこれしか出来ないんだと
気づくことこそが成長なんです。

ひゃ~、これまたタイムリーなお話しでwww

そして、このそよ風くんの言葉で、わたしがどうしてヘリオセントリックに惹かれ、今はヘリオセントリックをやりたいのかが更に分かったような気がします。

ヘリオの星読みでは、魂のままに生きられるようになればなるほど、やりたいこと・好きなことしか出来なくなると言われているのです。

先日、パート先のスタッフミーティングで、みんなの発言や、やり取りを聞きながら、「どうしよ~、わたし、ポンコツぶりが加速している、、、このままでいつまで勤務していられるやら?」と思ったところなのです。

以前は頑張ればできたことが、だんだん出来なくなってきていて。まだ一応、歳のせいではなく、そんな感覚というのでしょうか。

社会人としては、そんな自分をヤバ~い!と思うと同時に、これでいいんだな~とも感じていたのです。

そんな今、としさんの体験談を通してのそよ風くんの言葉に、キャーっみたいな。
それにしても、わたし、擬音語、多いww

だから、経験=成長とも考えなくなっていて。
何かが起きて、それを克服しようと試行錯誤したり、様々な経験をしますが、成長とは違うのですね~。
経験は、遊びのような感じ。
そよ風くんが言ってることとイコールかは分かりませんが、いろんな出来事を材料に、わたしは遊んでいるのでしょう。ハードモードな遊びですが。

以前、別の個人的なブログでの投稿で、若いころは出来ないことを出来るようになりたいと、あれこれ他から持ってきて、自分にくっつけていたけれど、今は、そのくっつけてきたものを、剥がして剥がして剥がして、本来の自分に戻っていっているような気がすると書いたことがあります。

占星術でも、ジオセントリックの太陽星座(物質としてのわたし)のことをやっていった先に、ヘリオセントリックの地球星座(魂のわたし)が目覚めると言われています。
そのこととリンクしているように感じられるから、今、わたしはヘリオをやってるのかもしれません。

何かが出来るようになることが成長であり、価値あることとするならば、わたし達の人生は、虚しさに向かっているだけ、結局誰も幸せにはなれないということになります。

そよ風くんが言っていることと同じかは分かりませんが、若い頃ならどんどん出来ることが増えていきますが、50歳が近くなる頃から、今度は逆に出来ないことが少しずつ増えていくのですから、年齢を重ねれば重ねるほど、否応なく、出来ない自分と向き合い、受け入れていくことになるからです。

少なくとも今のわたしは、心の健康度が上がって、自分との折り合いがついて、自分らしさに近づいているのを感じれば感じるほど、日々、自分がどんどんポンコツになっていって、これしか出来ないということに向かっている実感があります。

また、経験=成長という前提だと、どうしたって若い人、子どもは経験が少ないですから、本当の意味での横のつながりや、対等、平等な関係を築いて行くことは難しくなってしまうのかもしれないとも思いました。

こちらの投稿もぜひご一読を。

肯定はしなくて良いんだよ。
何故なら肯定はするものじゃなく、初めから無条件に備わっているものだからね。
肯定しようとすると、潜在意識がしめしめと自己否定の現実を創造しちゃうよ。

でも、こうも書いています。

「内なる全肯定の自分」だとあらゆる成長をしなくなってしまうからです。
「いいよいいよ、そのままでいいんだよ、何も出来なくていいんだよ」だと困ってしまいます。

これを読んで、わたしが思ったのは、ヘリオセントリックの水星星座についてです。

太陽の全体的な意識からのはじめの分割が水星。
ただあるだけで完璧という状態から分離したことで、水星は活動する方向性、生きる目的を考え始めるのです。

「内なる全肯定の自分」だと、何も行動しなくていいことになってしまいます。
分割して、物質として人として生まれてきた以上、それではやっぱりダメってことなのでしょう。

長々書いてしまいましたが、運営メンバーの投稿を読んで、わたし、やっぱりヘリオセントリック、好きだわ~♡って、改めて思ったという、ただそれだけの話しにお付き合いくださってありがとうございました。

 

投稿者:ひと粒の☆☆☆

関連記事

  1. 父の命日のホロスコープ

    命日に父からのメッセージを読む

  2. セラピスト・ヒーラーたちの交流会の開催報告です!

  3. そよ風の仲間たちができるまで5

    「そよ風の仲間たち」ができるまで(5/5)

  4. そよ風の仲間たちができるまで1

    「そよ風の仲間たち」ができるまで(1/5)

  5. そよ風の仲間たちができるまで3

    「そよ風の仲間たち」ができるまで(3/5)

  6. そよ風の仲間たちができるまで4

    「そよ風の仲間たち」ができるまで(4/5)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。