魔法使いの嫁を持つおっさんのスピリチュアル日記 7 相手は自分の鏡とは?

妻のたえぽんは、友人からいろんな相談を受けていて、ときおり、私おっさんにも「これ、どう思う?」とか聞いてきたりします。

先日の相談は、ある友人が「私が夜な夜なかけてつくったパワーストーンのブレス、お金を払ってくれない方がいるけど、どうしたらいいのか?」という相談と
「私がブレスのつくり方を教えた人が、私の作った作品と、見た目がほとんど同じものを、自分のサイトで売っている人がいて、しかも、私と全く同じような売り方をしている人がいるんだけど、どうしたらいいのか?」という相談でした。

で、その方を知っているおっさんの回答は、

「それ、そのまま、自分がやってることやん」

たえぽんの回答も「だよねー」でした。

スピリチュアルの世界では、よく「相手は自分の鏡」と言われます。
この世界は、ワンネスなので、相手も自分。
相手の発言や行動は、自分の発言でもあり、自分自身の行動でもある。

上記の友人がされた行動は、まさに自分自身がやっている行動と同じでした。
自分が依頼した作業の費用は、別にお金に困っているわけでもないのに、すぐに払わない。
上記に限らずとにかく、いろんなシーンで金払いが悪いのです。

また自分が出しているパワーストーンのデザインは、ネットで見つけたお気に入りのデザインそのもので、ほぼ誰かの真似。
さすがにそのまま流用しているわけではないですが(たえぽんがデザイン制作を手伝っているので)、完全な自身のオリジナルではないわけです。

まさに「相手は自分の鏡」であることを実感した体験です。

そして話はここで終わりではなくて、その相談してきた友人は「相手は自分の鏡」であることをよく知っている人だったことがポイントです。

知識としてはわかっていて、人にもそれを教えているにも関わらず、自分のことになるとそこに全く気付けていない。
本当の意味で、腑に落とせていないということでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか?

嫌なことが起こったら、相手は自分の鏡であることを思い出して、自分がそれをさせていることに気づくことです。
自分がそうさせている理由は、自分にとってそれが必要だから。
どういう目的で自分がそうさせているのか考えると、また新しい道が開けるかもしれません。

 

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. 覚醒とは「自覚」

  2. 10月10日〜10月16日*天使のメッセージ

  3. 獅子座新月

  4. 今週の星模様(6/13-6/19)

  5. 双子座新月

  6. 悪魔くんについて あれこれ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。