「見捨てる」ことの大切さとは

たえぽんの気づき魔法

こんにちは。
たえぽんです。

以前、そよ風のYoutubeに出ている
「宇宙から来た謎のポテト」から
今年のテーマをもらったという話を書きました。

ここに書いた

③一人先へ行くこと、
見捨てるという行為への許し、受け入れ

これに関して
この時とは違った「気づき」を得たので
今日は、その事について書きたいと思います。

なんだかんだ言っても

私は、どうしても
「見捨てる」という言葉に

無意識で「悪」というジャッジが
抜け切れないでいたんですよね(^^;

何も、自分と同じように
足並みをそろえる必要は無いし
「見捨てる」ということを
「悪いこと」とジャッジする必要もない。

ということを書いたくせに
やっぱり「悪いこと」と思ってしまう(苦笑)

たしかに
足並みをそろえる必要はないけれど

「仲間で活動しているなら
仲間として共に・・・」

という気持ちが出てきちゃうわけですよ。

じゃ、ここで、もし

「仲間として
勝手な行動を取る人が出たら?」

って考えると
猛烈な怒りが出てくるんですよね(^^;

でも、こういう
「イヤな感覚」が出てきた時は
本当の自分のことを知るチャンス!

なぜ、怒りが出てくるのか?

ここを見ることが
かなりの重要ポイントなんですよね。

 

怒りは第二感情に過ぎない

「怒り」というのは、二次的感情で、
『何かを隠すために利用する感情』。

本当はそこに「イヤ!」という欲望があるのに
その「イヤ!」を出すことができないから
怒りが出てくる。

なぜ「イヤ!」を出すことが
できないかというと・・

「大人気ないと思われる」
「融通がきかない人と思われる」
「頭が固い人と思われる」

といったような
外側の誰かの視線を気にして

=============
「それはイヤだ!」
という欲望を表に出せない
=============

ということが起こり、

結局、それを封印せざるを得なくなり
猛烈な怒りとして現れるわけです。

「自分は、それはイヤなんだ!!」
ということが、

ここではっきり言うことができると
「怒り」は出てこないんですよね。

 

イヤなものをイヤと言える?

じゃあ、「イヤなものはイヤだ」と
今まで言えなかった人が
躊躇なく、それが言えるようになりますか?

というと、
なかなか難しいですよね。

子どもが、親に対して
「買ってくれなきゃ、いやだー!!」
とジタバタと泣き叫ぶようなことを

(本当はやれるといいんですが)

大人になったら
なかなかやれませんよね(^^;

自分がイヤだと言って
相手にイヤな気分を味あわせるぐらいなら
自分が我慢すればいい。

そういう人も多いと思います。

でも、こういった
「封印感情」はエネルギーで
存在しているので

発散させないと
いろんな「悪さ」を始めるわけです。

封印感情のセリフを書くなら

「俺をこんなところに
閉じ込めるんじゃねーよ!」

と言って、バタバタしている感じです(笑)

これを無視し続けると
封印感情は、封印されていることが
とにかく不快なので

なんとか、肉体の自分に
気づかせて、発散させようとするわけです。

それが、病気だったり、事故だったり
大きな出来事として現れるわけですね。

という以上のことが
頭でわかっていたとしても、

なかなか・・・ね

やれって言われても
出来ないものは出来なかったりしますよね・・(-_-)

 

イヤだ!という抵抗の正体は・・・

上記にも

なぜ、怒りが出てくるのか?

ここを見ることが
かなりの重要ポイントだと言いましたが、

私なりに自分を見ていくと、

「怒り」というのは
それをやることを許していない》ということ。

たとえば、私は
時間に遅れる人とか、許せないのですが

時間に遅れることを
自分がやることを絶対に許さない。

組織で仕事をやっているのに
勝手な行動を取る人も、許せないのですが

私自身、勝手な行動を
自分がやることを絶対に許さない。

という感じで

自分がやることを絶対に許していない
わけです。

だから、それを平気でやる人を
目にすると、絶対に許せないわけです。

なんてたって、自分がやれないことを
平気でやるわけですから。

「なに勝手に自由にやっちゃってるのよ!」

となる。(苦笑)

じゃ、なぜ
自分がやれないことに対して
平気でやれる人を見て腹立つのか?

この状態というのは
何かに「抵抗」しているんですよね。

その「抵抗」の正体が
==========
執着というブロック
==========
なんです。

何かに対して執着があるから
それを許せないし
絶対に自分は行動しない。

(完全にブロックですね)

たとえば、
時間を守らない事に腹が立つのは

【自分に執着している】という状態。

だって
「自分をないがしろにして!」と
とにかく自分を大事にしてよ!ということを
言っているわけですから。

自分なんかどうでもいいと
本気で思っていたら

何をされても腹は立たないですよね(笑)

だから、「イヤだ!」という
「抵抗」があるなら、

自分が何に対して
「執着」を持っているのかに
気づく必要があるんですよね。

 

「見捨てる」の意味

ここでいう「見捨てる」は
誰かに対してではありません。

自分自身の意識に対して行うことです。

自分自身が何に対して
「執着」をもっているのかがわかれば、

あとは、それを手放す。

そこで出てくるのが
「見捨てる」というキーワードなんですね。

============

「見捨てる」とは
「見て、捨てる」ということ。

============

ようは、

「見て、放置する」
ということで

それを見ても
「なんとかしようとしなくていい」。

いわゆる
「サレンダー」というものですね。

ま、とはいっても、
これもまた、そんな簡単ではないのですが、

宇宙から来た謎のポテトの
おススメは、

イヤなことをやる側の行動を
自分で実際にやってみる

なんですが、

私はそれは出来ないのでw
まず、やることは

とことん「イヤだ!」と思っている自分を許す

ということをやります。

たとえば、
時間を守らない人がイヤならば

あの人は時間を守らない。
私の時間=お金を奪っている。
私のことをないがしろにして最低なヤツだ!

ぐらいの勢いで(笑)
とにかく、嫌いな自分を出していきます。

この時、それを聞いてくれる「他者」を
存在させることを、絶対的におススメしますw

そして、聞いてくれる相手は
「悪口」として受け取る相手ではなく

「封印感情を吐き出しているのを、受け止めている」
ということを理解してくれる人がいいですね(笑)

なぜなら「悪口」として受け取る相手だと
どんどん、ドツボにハマっていき、
イヤなことに対して「攻撃」するように
なってしまうので。

言い変えると、その相手に対して
「お前が悪いんだ!私は悪くない!」
としか、観れなくなるっていうことですね。

自分が何に対して執着を持っているのかに気づき、
徹底的にイヤだと思っている自分を認めて、
徹底的にそれを吐き出す他者を存在させると

あら、不思議!

同じような事象が起こっても
何も思わなくなるし

大嫌い!と思っていた相手に対して
なんとも思わなくなるんです。

そうやって「気づき」、行動していくと
誰にもイヤな思いをさせずに

自然と、その執着を手放していけると思います。

 

投稿者:Present=Present 清水 慈永(しみず たえ)

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. たえぽんの気づき魔法

    ポジティブ思考は時代遅れ?!

  2. 覚醒とは「自覚」

  3. 世界を平和にする方法

  4. たえぽんの気づき魔法

    過去生をリーディングする

  5. 「波動が高い」のは良いこと?

  6. 降りてきた言葉

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。