【そよ風手相教室】知能線1:長いか、短いか

知能線は、その人が学んだ体験が入っており、頭脳活動や性格、適職などを鑑定できます。

前述したとおり、手のひらを横断する線ですが、長いか短いかで、その人の思考パターンを鑑定できます。

私の解釈では、「知能線の長さはその人の考える時間に比例する」と考えています。つまり下記が基本的な考え方です。

・考える時間が長い人=知能線が長い

・考える時間が短い人=知能線が短い

親指側から伸びて、薬指と小指の間あたりまで伸びているのが一般的に多いパターンですので、それより長いか、短いかで判断しましょう。

知能線が長い

考える時間が長いということは、じっくり思慮するということです。
衝動的に何かをするタイプではなく、メリット、デメリットを比較したり、結果を考えてから行動するタイプです。
考えている時間が長すぎて、結局行動できない、頭でっかちで行動できない人と見られるかもしれません。
ただそれだけ思考能力が高いので、基本的に頭がよく、学校の成績もいい方が多いでしょう。
ちなみに私は知能線が長く、手相を鑑定してもらった有名な先生に、「あなたの知能線はすごく長くて珍しいので、写真撮らせて欲しい」と言われて協力したことがありました。

長所
  • 頭がいい
  • 一流に育てあげる力がある
  • 堅実的
短所
  • 優柔不断に見える
特徴
  • じっくり考慮型
  • 学校の成績がいい、難しい問題が解ける
  • 集中力がある

知能線が短い

考える時間が短いということは、直観的に判断して、行動するということです。
長い人が熟考の秀才タイプだとすると、こちらの短い人はひらめき天才タイプです。
たまに、天からメッセージが降りてきたので、その直観に従って何も考えずに行動するという方がいますが、まさにそのような方ですね。

長所
  • 頭の回転が速い
  • あまり悩まない
  • 適職につけば大開花!
短所
  • 何も考えていないように見えてしまう
特徴
  • 直観で決める
  • ひらめき抜群!インスピレーションがわく!
  • 長い会議が嫌い

 

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. 2022年10月の出会い ~心をノックしてくれた人・物・言葉~

  2. 「天国と地獄はあるのか?」

  3. 宇宙ポテトからもらった今年のテーマ

  4. 今週の星模様(7/18-7/24)

  5. 魔法使いの嫁を持つおっさんのスピリチュアル日記 7 相手は自分の鏡とは?

  6. 今週の星模様(11/07-11/13)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。