「一族の土地」美しい園を目指して①

今年の4月、5月にウラジーミル・メグレさんの著書と出会いました。そこに記されていたのは、本来の人間の能力を100%発揮したような若く美しい女性(アナスタシア)のきらめきに満ちた言葉でした。

このロシアのタイガの奥地に住んでいる女性は、私から見ればまさしく「超人」です。この本を読んで、実在を疑う人がいるのも仕方ないと思うほど、その内容は驚きに満ちています。

ただ、私が惚れ込んだのは、彼女の口から溢れ出す美しい物語の数々、そして、「一族の土地」に関するメッセージでした。

私たちは母なる地球のなかの日本という国に住んでいます。つまり、母なる地球の一点、愛する祖国の一点に住んでいます。その一点を「一族の土地」として、美しい園を作り、子々孫々に受け継がれていく。お隣さんも、そのまたお隣さんも、美しい園を作っていく。そして地球は、一族の土地を愛する人々で満ち、当然ながら、彼らは祖国を愛する人であり、地球を愛する人々です。

互いが互いの大切なものを深く理解している人々で満ちた地球、そこに戦争とか詐欺とか犯罪とか存在できるのだろうか。いや、私には想像できない。美しい園が地球いっぱいに広がる光景、それを守りたくなる人が増えるのは想像できますが、破壊に励む人が増えることも想像しにくい。

「なんて美しいメッセージだろう!なんと素敵なメッセージだろう!これなら、私にもできるかもしれない。10年ローンならぬ10年プランで、一族の土地・美しい園づくりに歩みだしたい」と感じました。

この思いが「一族の土地・美しい園を目指して」のブログ開始のきっかけになりました。

さて、アナスタシアの一族の土地の構想は、ロシアから発信され、ハートに火をつけられた人々が世界各地で実践しています。ロシアの一部の州?では、かなり進展しているところもあるようです。

ただ、アナスタシアによれば、希望する国民に1ヘクタール(100m×100m)の土地を分け与え、そこを一族の土地として整備していくというものでした。

人口密度が高い、山林が多く平地が少ない、平地の価格が高い、土地に関する法律がめんどう、といった日本特有の問題。10年以内に土地を取得できたとして、独り身で1ヘクタールの土地を美しい園にして維持していく体力があ…(^_^;)、といった個人的な問題。ぜ~んぶできない理由ですが(笑)

そこで、「出来ることから実践に!」をモットーにさっそくスタートしてみました。

まず、4月、5月でアナスタシアのメッセージを9冊読む。公園に行ったら、木や花の名前に関心を持つ。将来の相棒候補に柴犬や秋田犬を考えているので、石田ゆり子さんの犬猫との暮らしを綴った『ハニオ日記』シリーズを読む。こんなところから始めました。

また、1ヘクタールは難しくても、目標を100~300坪くらいに設定して、貸し農園で「ミニチュアの園・第1期」を始めること。それから、自身が運営する「りらくぜーしょん もりの香~mori-no-ka~」を美しい園に見立て、心地よい空間にすること(ブログ「りらくぜーしょん もりの香~mori-no-ka~へようこそ!」に掲載)に着手しました。

このブログの連載は、主に「菜園便り」のような形で、気の向くまま発信する予定です。「私が楽しんでいること」「元気に育つ野菜たちの姿」をお伝えしますので、お好きな方だけお付き合いください。

以上、イントロダクションでした。次に「6月14日までの菜園便り」に移ります。

去年から始めた貸し農園、1区画5.5m×5.5m位です。去年は普通のデザインの畑にしました。今年は、一族の土地を意識して、アナスタシアが言うような「外枠を低木の生け垣にする」にならい、「オクラ・ししとう・ミニトマト」の果菜類の林で、コの字型の外枠をつくるデザインにしました。

また、アナスタシアの言う「シンボル・ツリーを中心にした森」にならい、「ピーマン・トマト・ししとう・枝豆」の果菜類の森を中央に配置して、「ミニチュア版・一族の土地」にしました。

ですが(^^; 慢性貧乏性により去年の種を使ったせいか、土作りがまずかったのか、オクラとししとうが発芽せず、生け垣づくりがピンチです。6月下旬に、駆け込みでオクラとモロヘイヤの種を蒔き、挽回を期していますがどうなるかなあ。このあたりは、次号で紹介します。

次号では、まだネットの下の方を這っている「つるあり平さやいんげん」が大きく成長している姿もお届けできると思います。

5月連休開始の貸し農園、苗植えはシンボル・ツリーの森だけで、あとは種植えにこだわる私。ですから、6月中旬までの収穫は、二十日大根さまに頼りきり。今年は、大きな二十日大根が、100本以上採れました!

実は甘酢漬けが最高!葉っぱは、虫や日照りから守る本能が作用して、イガイガでかなり苦味があります。そこで、ゴーヤのかわりに「二十日葉チャンプルー」にしました。うまい!これが我が家の春の定番料理になりました。ただし、プランターでぬくぬく育った葉っぱは、ゴーヤのかわりにはなりませんので、ご注意あれ。

二十日大根さま、ありがとうございました。7月の主役は、大根・サラダ菜・レタス・ミニトマト・平さやいんげんに引き継ぎます。

今回はこれにておしまいです。ありがとうございました。

記事の続きはこちら

 

投稿者:りらくぜーしょん 「もりの香~mori-no-ka~」⁡⁡

関連記事

  1. 【イベント報告】悪魔くんが降臨?!あなたの本当の欲望に気づく inそよ風ハロウィンCafe開催のご報告

  2. 今週の星模様(8/15-8/21)

  3. 感情解放自動販売機

    感情を解放する簡単な方法

  4. 今週の星模様(2/13-2/19)

  5. 今週の星模様(9/5-9/11)

  6. 今週の星模様(7/17-7/23)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。