死よりも怖いこと~映画《すずめの戸締り》~

映画《すずめの戸締り》を観てきました。
少しネタバレなところもあるので、
これから見る予定の方はご注意くださいね。

すずめちゃんは、ある日突然、お母さんを亡くしましたが、
わたしも、実の父を、3歳になった翌月に、かなり急に、亡くしました。

記憶にある父の姿は、布団に横たわり、すでに動かなくなった見知らぬ男の人で。
その傍らで、母が泣いている映像だけが焼き付いています。

「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものですね。
父が残した影響は、わたしが思うより遥かに大きかったようです。

わたしの【死】に対する感情は、「無」だそうです。

去年、そよ風くんに言われました。
わたしにとって死は、遠くの出来事でも、特別なことでもなく、
とても身近なもので、そこをずっと見続けてきたからだと。

そよ風くんが言う通り、わたしが死に対して無であるならば、
わたしが死ぬことより怖いのは何かと言えば、
この世界に置いていかれることなのです。

父に、この世界に置いてけぼりにされてしまった。
見捨てられたと感じているのかもしれません。

だから、それほど親しくない方や、ちょっと会ったことがあるくらいの方が亡くなっても、
なんとも表現しがたい恐怖を感じたり、どうしようもない虚無感に襲われていたのだと、
改めて自覚しました。

 

話しは変わりますが、すずめちゃんと、おばさんとの関係。

ある人が今、わたしに対しておばさんのような状態にいます。

わたしがおばさんのような立ち位置の時もあり、
すずめちゃんの立ち位置にいるときもあると言った方が
正確に近いかもしれません。

すずめちゃん達とは、年齢差も立場も違うのに、今のわたし達に重なって見えました。

その人が、今、この瞬間、
もしも、わたしのことを殺したいほど憎んでいたり、嫌いだったとして、
わたしは、そこ、どう思われていてもよくて、どうでもいいなって思ったのです。

これは、極端な表現かもしれませんが、
誰かに対して、めんどくさい、ウザいなど、
一度たりとも頭をかすめたことさえない!という人はいないと思うのです。

だから、わたしに対して、罪悪感や申し訳ないなどと思わなくて大丈夫で。

ただ、その人がその人であってくれれば、それで良くて。

今、この瞬間、同じ時を生きて、
この世界のどこかで生きていてくれる、
ただそれだけのことが、とてつもなく有り難い奇跡で。

【幸せ】って、幸せしかなければ、感じられないのです。

おばさんが、すずめちゃんに言い放った言葉は本心で、
でも、その苦しみや憎しみの一方で、幸せもあったわけで。

不幸と思えることがなければ、【幸せ】もないのです。
【幸せだけの人】なんていません。

そこ、セットで、どちらかしか要らない!とは出来ないのですね。

覚醒しようが、何かを悟ろうが、不幸を感じるし、悲しみに打ちひしがれたりもします。

ただ、分かっていることは、
起きた出来事が「良いか悪いか」、
人との関係において、「良縁か悪縁か」ではなく、

そのどれ一つが欠けても、今のわたしはいないということ。

だから、「全てに感謝」なのだとも思うのです。

「奇跡」や「覚醒」については、前回の投稿で書いていますので、
よろしかったら、そちらもお読みいただけたら嬉しいです。
奇跡とは?覚醒とは?~映画《すずめの戸締り》~ | そよ風の仲間たち (teamwind.jp)

前回の投稿で、風くんの「grace」の曲を紹介しましたが、
こちらもよく聞いています。
藤井 風 – “帰ろう” Official Video – YouTube

もうすぐ今年も終わりを迎えようとしておりますが、
どうか皆さま、来年も、その先もずっと、
わたしより長生きして、わたしの世界に居てくださいね(笑)

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ヒーリングとは、心身を癒し、本来のあなたを思い出すこと。
本当に望みさえすれば人生の再設定は可能です。
過去だって書き換えられる。
「あなたが見ている世界は、あなたが創っている」のだから。

明日が来る「奇跡」に、全ての存在に、感謝を込めて。

投稿者:みほ

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. 神さまの願い~映画《すずめの戸締り》~

  2. あなたって、わたしって、こういう人?!

  3. 人生にとって無くてはならないものって?

  4. 真の【受容】とは?

  5. 感謝されちゃうコツ!?

  6. 新しい流れのサイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。