誰かに勝たなくても、夢は実現できる

たえぽんの気づき魔法

以前、「そよ風の仲間たち」に出店したいという方と
お話させていただいた時、

同じようなメニューばかりで、私のメニューが埋もれてしまうのが不安です。

と、おっしゃっていた方が
いらっしゃいました。

わかります。
その気持ち。

でも、これって、

たとえば、自分がカフェを
やりたいと思ったとして、

世の中に、カフェなんて、いくらでもある。私が、カフェなんか出しても無理だよね…。

と不安に思って、
やってもいないうちに
諦めてしまう。

という事と同じですよね。

で、結局、夢をあきらめる人が
多いんじゃないかなって思うんです。

だから、私は思うんです。

============

そんな事を言っていたら
結局、何もできないよね?

============

って。

 

誰かに勝とうとしていませんか?

 

何かをやりたい、と思っても

「他の同じようなことをやっている人が
沢山いるし、そういう人たちには勝てない」

と思う人も多いのではないでしょうか。

世の中には、自分の目から見て
自分より「凄い人」って沢山いますものね…。

だから、自分が同じような事を
やりたいと思っても

「あの人と同じようには、とても出来ない」
と怖気づいてしまう。

でもね、それって、
その「凄い人」に

「勝とう」としてますよね?(-.-)

で、それ、
勝つ必要あるんですかね?(-.-)

と思ってしまうんです。

 

たとえば、
Wind-Journeyでも、講師が何人かいますが

そりゃ、そよ風くんとか、ポテトは
ある意味、ハイブリッドなので
講師としては、最高!だと思ったりしますよね。

ところが、必ずしも、そのハイブリッドな講師が
受講する人にとって、ベストとは限らないわけです。

だって、
「ハイブリッドすぎて、意味わかんな~い!」
っていう人も、いますから(笑)

そう考えると
何も「凄い人」に「勝つ」必要は
無いと思いませんか?

勝とうとするから
怖気づいちゃうし、不安になる。

結果、やりたいことも
躊躇して、できなくなる。

勝とうとしなくていい。
自分は、自分のやりたいことをやればいい。

そんな風に思えると
行動にストップをかけることも
無くなるんじゃないかなって思うんですよね。

 

あなたがやる事すべてが「オリジナル」

 

私は思うんです。

たとえば、西洋占星術でも
Aさんが鑑定するのと
Bさんが鑑定するのと
違ってきますよね。

もっというと
たとえば、音叉講座で
まったく同じ内容の講座だとしても
Aさんが講師をやるのと
Bさんが講師をやるのでは、
これも、全く違ってきます。

違いは何でしょう?

まさに「人」ですよね。

同じ講座でも
Aさんが説明した時点で
それ「オリジナル」なんです。

Bさんが説明したら
Aさんと全く同じ説明には
ならないですから。

言い方を変えて
その人、独自の説明になると
思うんですよね。

だから、その人がやることで
すべてオリジナルってわけです。

そして、人は
自分の合った人を見つけて
その講座を受けるだけで。

(そっちの世界では、双方合意の元で
約束をしているから・・・なのですが)

だから、全く内容が同じ講座でも
「私はA先生じゃなきゃ、ダメなの」
という人が、A先生のところに行くわけで。

結局は「人」であり
その人のところじゃなきゃ、ダメなわけです。

ということは、

同じようなメニューばかりで、私のメニューが埋もれてしまうのが不安です。

こういう事も、気にすることは無いって事なんですよね。

だって、あなたのところに来る人は
あなたじゃなきゃダメなんですから。

他の人じゃ、ダメなわけです。

なのに、
誰かに勝とうとするから
怖じ気づく。

でも、

誰かに勝とうとしなくていい。
自分は、やりたいことをやるだけ。

そう決めることで

「行動」ができるようになって
夢を実現できるようになるのだと

私は思います。

 

投稿者:Present=Present 清水 慈永(しみず たえ)

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. たえぽんの気づき魔法

    ポジティブ思考は時代遅れ?!

  2. 蒸し暑い夜が届けてくれた今朝の贈り物

  3. 不動明王のエネルギー

  4. 気づくタイミング

    タイミングを邪魔する権利はない

  5. 誰よりもお金にブロックがあるのは私だった

  6. お金に困っている人

    0. お金に困っている人の本質的な問題とは?(Vol.0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。