ポジティブ思考は時代遅れ?!

たえぽんの気づき魔法

どうしても、人って

「ポジティブ思考が良い」
「ネガティブ思考が悪い」

と、ジャッジしてしまいがち。

スピリチュアルな世界でも

「善悪は無い」

とか、言いながら
一方では、

「ポジティブ思考が良い」とか
「自己肯定感を上げるのが良い」とか

そういうのが、
繰り広げられているわけで・・(._.)

 

たとえば、
嫌な事があった時、

「いや、大丈夫!
自分にとって良い事しか起こらないから!」

って、
ある意味、無理やり
ポジティブ思考に持っていこうとして

なんとかして自分に
思い込ませようとすること、ありません?

(私も昔は、めっちゃ、ありましたw)

 

でも、
もうそろそろ、

それも「時代遅れかな」…って思うんですよね。

だって、

決局のところ

無理やり、ポジティブに考えようとしても
それでは、解決できない事がほとんど。

ポジティブに考えよう!とすればするほど
ネガティブ部分が出てきちゃうと感じたり

ネガティブな考えが
ずっとずっと、グルグル回り続け

夜も眠れなくなる・・・

そんな経験はありませんか?

 

 

これって、
ただの【封印】なんですよね。

ネガティブを、きちんと消化しないまま
ポジティブで上書きするのは、

ただの【封印にすぎない】わけです。

で、そうやって【封印】していくと

老けるし
体調悪くなるし
しまいには病気になったり
下手すると大きな事故になったり

とにかく、
今の自分にとって
《イヤな事》がドンドン現れてくる。

そして、また
ポジティブで上書きしようと努力して
どんどん、封印していく…。

 

もうね、

これ、やめませんか?(苦笑)

封印したところで
そのエネルギー、行き場を失って

「強制終了」なんてことも
ありえるんですよね。。

 

超ポジティブ思考になれる!

とか

自己肯定感を上げよう!

とか

それを、やろうとすればするほど
封印しちゃう。

 

だから

もうね、いいの。
そんなの、やめちゃえばw

この世界で
不必要な事なんて、何もないし
失敗したと落ち込む必要もない。

もし、あなたが何かに
失敗したとしたら

それは、
成功へのプロセスに過ぎなかったり

失敗することで、
周りにすごく貢献していたり

とにかく、何かしら
誰かにとって《必要》だから
起こっているわけですから、

あなたは
それをコントロールすることはできない。

成功も、失敗も
自分がコントロールしていると
思うかもしれませんが、

これ、コントロールできないんですよね。

ある意味、
「やらされている」わけで。

この辺は、私が書いた本(「無」を知ることで得られる「最高のギフト」: この一冊で人生が180°変わる禁断の仕組みを完全網羅)にも
書いてありますが

コントロールできないのに
コントロールできると思っちゃうから
おかしなことになる(苦笑)

ポジティブにならなくていい。
自己肯定感をあげようとしなくていい。

もう、すべては
勝手に起こっていることだから。

 

と、言っても

どうしても、
物事をネガティブに考えちゃうことも
あるでしょう。

そしたらね、

そのネガティブな感情を

とことん味わってください!

 

ある人が、ムカつくんだったら

とことん嫌いになってください!(笑)

 

そうすれば、

あら、不思議。

その感情が
消滅するような「体験」が起こります。

そして、その「体験」こそが
「気づき」であり

自分自身をラクにさせてくれる
魔法でもあるんですよね♪

 

投稿者:Present=Present 清水 慈永(しみず たえ)

↓この記事を読んだ《今のあなた》に最適なメニューはこちら↓

※読む人の「タイミング」で選ばれているだけなので、記事の内容との関連性はありません。

関連記事

  1. 腰痛

    6.腰痛(Vol.6)

  2. 誕生日の花束

    誕生日の花束

  3. たえぽんの気づき魔法

    自分の能力(サイキック能力)を覚醒する方法とは?

  4. 自己肯定と肯定

    「自己肯定」と「肯定」

  5. 視点が違う世界

    7.癒しって何だ?(Vol.7)

  6. 否定しあう

    大人は●●のエネルギーでできている

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

出店無料相談受付中

月ヒーリング

無料新月ヒーリング受付中

 

 

↓↓↓ 有料版はこちら ↓↓↓

新月&満月ヒーリング

Instagram


Kindle出版しました

■ 監修者の声
今回、この本を監修させて頂くにあたり、どこまでの真実を世の中に届けてよいものなのか、著者との心の望みとの兼ね合いを計りながらの判断といった感じでしたが、
時間の経過と共にそれも大きく変化し、自己価値の広がりを感じさせて頂いた為、自信を持って世に送り出させて頂いた次第です。
是非ここを起点にこれからのご自身の人生にこの本を活かして頂けたら幸いです。
監修に携われた事、それをさせて頂いた全ての方に感謝致します。

「引き寄せない法則」イベントの動画販売はこちら

引き寄せない法則イベント動画販売開始

 

イベント一覧

10月 2022
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 9月   11月 »

そよ風公式ショップ