金額ではない選択

ホンダカーズ名護店

沖縄に移住してから
もう20日が経とうとしている。

それなりに
沖縄を楽しんではいる。

特に、沖縄北部の名護は
本当に自然が豊かで、
山もあり、海も凄くキレイ。

名護の海

家から、車で5分で、
この青い海が見えるのだ。

亜熱帯茶屋

こんな凄い景色のところで
テレワークだってできる。

東京の大都会の生活では
とても考えられない。

でも

いいことがあるということは
あまりよろしくないこともある。

それは、、、

よくわからない「さみしさ」だ。

東京でも
コロナ渦で、人と会うことは
ほとんど無かったから
状況は同じなのに、

「いつでも会える」
「どこでも行ける」

という気持ちがあったせいか
さみしいなんていう気持ちは
全くなかった。

でも、
ここは、ある意味、孤島。

本州からは、
遠く離れた場所。

自分が、こんな感覚になるなんて
東京にいた頃は、
想像さえできなかった。

逆にお客さんが来ないから
仕事に集中できる!
溜まっている仕事ができる!
なんて、思っていた。

今は、主人が仕事開始までの時間があり
家にいるので、
車でどこでも連れていってくれるから
まだいい。

でも、
これ、
主人の仕事が始まったら
いったい、どうなるんだ・・・?

と、思ったら、ゾっとした・・・。

だめだ、、、

 

これは【マイカー】を買わないと!

 

まぁ、マイカーを買ったところで
誰かに会えるわけではない。

けど、

どこかには行ける。

とにかく、
ここは、電車がない。

「恵比寿にエステに行ってくる!」
「銀座に買い物に行ってくる!」
「渋谷の美容院に行ってくる!」

なんてことが、できないのだ。。

 

私の行動範囲は
歩いていける場所だけ、、だなんて・・・

考えるだけでも
ゾっとした。

だから、マイカーを買うことを
決心したのだ。

私は、恐ろしいほどの
ペーパードライバーだが、
買ってしまえば、きっと運転上手になる!
と信じるしか無かった。

 

そして、
いろんな中古車販売店を周った。

私にとっては、初めてのマイカー。
絶対に「ホンダ」しかない。

なぜなら、
亡くなった父がホンダに勤めていて

子供の頃から

「ホンダの車に乗っていない人とは
結婚してはいけない」

とまで言われて、育ったのだ。

だから、私は
小さい頃、ホンダのエンジン音を
聞き分けることができるほど
ホンダの車に慣れ親しんでいた。

だからこそ、
生まれて初めて自分のために買う車は
ホンダがいい・・・そう思った。

そして、
いろんな中古車販売店を巡った後、
最後にホンダに行った。

Honda Cars 沖縄 名護店だ。

ホンダカーズ名護店

イケメンのお兄さんが、
対応してくれた。

その辺の中古車販売店と比べると
雲泥の対応の差だ。

すばらしい。

中古車も買えるということで
今、ちょうど1台だけ
N-ONEという車があるとのこと。

でも、見れるのは
名護店じゃない。

もっと、南の方の・・・(忘れた)

ということで
那覇に行く予定が、次の週にあったので
その時に、そのN-ONEを見に行くことにした。

 

ホンダよりも中古車販売店のほうが安い‥

 

那覇のホンダに行くまでの間も
中古車を探し続けた。

でも、
明らかに、、

型式、年式、走行距離、装備がいいのに
中古車販売店のほうが安い。

うちのマンションから
歩いていける中古車販売店は
N-BOXが79万円で売っていた。

N-BOX

通常、N-BOXは、N-ONEより高い。

なのに、これは
ホンダで紹介されたN-ONEより
新しいし、

何よりも
ナビ、バックモニター、ETCと
私が欲しい装備がついて、

ホンダで紹介されたN-ONEと
ほぼ同じ金額。

正直、奇跡的な価格なんじゃないかと
思うほどだ。

 

主人は
「わしなら、迷わず、N-BOXを買う」
と言い続けていた。

 

私も迷いに迷っていた。

 

突然、魂くんの声が!

 

その時だ!

 

魂くん

金額で判断するのは、やめなさい

 

魂くんの声だ・・・

 

その後、魂くんと、少し会話をした。

魂くんの言いたいことは
ざっくり言うと、こういうことらしい。

  • ホンダで買いなさい。ホンダが作った車だから、整備も万全。何よりも自社の車を大切に扱っている。そういう車はエネルギーが全然違う。
  • ごちゃごちゃ考えて、条件を並びたてて判断するのではなく、乗った時のエネルギーを感じて、あなたの直感で決めなさい。金額で決めるのはやめなさい。
  • 1円でも安く買うという思考は捨てなさい。お金を気持ちよく払いなさい。お金を払うことは痛みではないことを知りなさい。

こうやって、
魂くんから「お告げ」があった。

 

けれど、、、

なのに、、、

私には、まだ迷いがあった。。。

「でも、新しいし、安いし、、」
「中古車で有名なガリバーとかなら、安心じゃない?」

などなど。

その後も、Youtubeを見て
ホンダのNシリーズを
徹底的に研究した。

そして、いろんな販売店で、
いろんな車に乗ってみた。

 

ところが、、、

なぜか、、、

ワクワクしないのだ。。。

 

車内が臭い・・・
シートにシミがある・・・
なんか古臭い・・・

中古車だから、
仕方ないと思っていた。

でも、よく考えたら
そこには、前に乗っていた人の
エネルギーが残っている。

それも関係しているのだと
ふと思った。

 

ホンダのお兄さんの申し出を断る・・・

 

そんな中、那覇に行く予定の前日に
ホンダカーズ名護店のイケメンお兄さんから
電話がかかってきた。

「ご紹介したN-ONEですが、
今、問合せが入ったらしいです。
もし購入される予定なら、押さえてしまいますか?」

私は、まだ、この時点でも
ホンダで買う気持ちにはなっていなかった。

どちらかというと
明日、ガリバーに行くので、
きっとガリバーの方が安いから
ガリバーで買おう・・・ぐらいの勢いだった。

この時、私は
まさに、魂くんの言葉を
【無視する気満載】だった。

だから、イケメンお兄さんの
申し出は、あっさりと断ってしまったのだ。

 

私がどう考えようと買う車は決まっている

 

次の日、予定通り、
ガリバーに行った。

ガリバーの人が
いろんなホンダの中古車を出してきてくれた。

その中でも
欲しいと思っていたN-ONEがあり、
装備もよく、新しく、走行距離も短い。

「お! これいい!
しかも、新しいし、走行距離も短い!」

ということで、
購入しようと思って、
ガリバーの人に、早速、状況を調べてもらった。

すると、、、

「すみません・・・今朝、売れてしまったらしいです」

 

・・・

・・・

マジか・・・

と、残念に思った。

 

でも、待って。

そもそも【起きる出来事】は既に決まっている。

だから【買う車も決まっている】のだ。

私がアタフタしたところで、
正直、意味はない。

それをわかっているのに
未だに私はアタフタする。

 

そんなことを思って

「まぁ、なるようにしかならない」

と自分に言い聞かせ、ガリバーを去り、
ホンダにN-ONEを見にいった。

ホンダに到着して
例の紹介されたN-ONEを見せてもらった。

 

乗った瞬間・・・

なんだ、これ????
めっちゃ、かわいいやん!!!
恐ろしいぐらいに、ワクワクする!!!

と、よくわからない
ハイテンションになった。

 

そうだ、、
この感覚だ。

この感覚こそ
私の第六感なのだ。

その時、
間違いなく、この車は
私のところに来るものだ・・・と
確信した。

 

すると、お兄さんが

「すみません、この車、
昨日、申込みが一件入ってしまって・・・
ちょっと、状況確かめてきます」

とのこと。

マジかよ・・・

まぁ、確かに
昨日、名護店のイケメンお兄さんから
わざわざ電話がかかってきて
それを断ったのは私だ。

仕方がない。。

と、思ったが、
その気持ちをすぐに打ち消した。

私が買うことになっている車なら
必ず買えるはずだ‥と。

 

その時、奇跡が・・・

 

すると、お兄さんが

「朗報です!
たった今、キャンセルが入りました。
ホントに、たった今です!
新車を購入されるとのことで・・・」

 

きたっ!
やっぱりっ!

ということで、
無事にホンダでN-ONEを購入することになった。

赤と黒のツートンカラー。
車内は、黒と茶色のツートンカラー。

 

今年は、オリンピックイヤーなので
軽自動車のくせに「白いナンバー」にできる。

しかも、オリンピックナンバーは
希望ナンバーが取れるので
迷わず「369」に。

※369パワーを知らない人は調べてね

しかも、値引きをしてもらおうとは
さらさら思っていなかったのに

頼んでもいないのに、
那覇のホンダカーズのお兄さんが

「通常N-ONEはめったに出ないので
値引きはしないのですが、
ちょっと上に相談してきますね!」と。

おそらく、営業インセンティブが
関わってくるから、
こういうことをやってくれるのだろうが

名護店で、普通に買っていたら
値引き無しで買っていたに違いない。

そう思うと、
今日の出来事も
本当に素晴らしい奇跡だと思った。

ありがとう!! 感謝です。

 

【今日の気づき✨】
魂の声に耳を傾ければ、ごちゃごちゃ自分で考える必要はない。魂の声を信じて、自分の直感を信じれば、必ず奇跡が起こるようになっているのだから。

 

投稿者:近藤妙

関連記事

  1. 腰の痛み

    8.痛み(Vol.8)

  2. 自分の幻想

  3. 承認

    4.承認欲求(Vol.4)

  4. <私>と(わたし)

    2つの「自分」

  5. 視点を変えてみる

    5.視点を変えてみる(Vol.5)

  6. 誕生日の花束

    誕生日の花束

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。