スズメバチとの和解? ~1度は体験してみて!セッション(ヒーリング・リーディングetc) を~

今年、私に奇跡?が起きました。
40年間続いた恐怖症が緩解したのです。

父はだいの山好き。登山もすれば、春の山菜採り、秋の山菜採りと日曜日は山づくし。

たぶん私が幼稚園の頃には、登山や山菜採りは「いつものこと」になっていて、いつも連れまわされていました。

きのこ採りも7シーズン目くらいになった12歳のときです。父と柴犬の大ちゃんといつもの3人?で、山を歩いていました。

「ブーン!」。耳もとで音をとらえたまさにその瞬間、「いてっ(>_<)」と声をあげてうずくまりました。

53歳になった現在でも、髪の生え際の首にしこりが残っているのですが、スズメバチに刺された瞬間でした。

首はみるみる腫れ上がり、激痛が続き、痛みとショックで私は泣き続けました。

それ以来、40年間、ハチに限らず羽音をキャッチすると、全身が硬直し、身動きがとれなくなるのです。

このショック症状は、私から野山を歩く楽しみを奪いました。羽音のたびに体が固まるのですから、山歩きどころではありません。

彼らは特に、8月以降攻撃性がますので、お盆やお彼岸のお墓参りや紅葉狩り、それから栗拾いも、私にとっては、恐怖のイベントになってしまったのです。

そんな長年の悩みを昨年8月ソラ先生というヒーラー?に打ち明けました。それというのも、午前の外仕事中、毎日のようにスズメバチと出会い、よく威嚇されていたからです。

私は、あまりに恐い毎日が続いたので、スズメバチを理由に仕事を辞めようか悩んでいました。

そんな私に先生は言いました。

「スズメバチが恐いんじゃないんですよ。(私→いや恐いんですよ!)スズメバチ事件が『生きる意義を失う恐れの象徴』になっているんです。(???)その頃、生きる目的や目標を失っているようです。何かありませんでしたか(!)」

スズメバチに刺された1週間後、柔道部の練習中、頚椎捻挫に頚椎骨折を併発し、救急車で運ばれたのです。

確かに、私の中でその二つの事件はセットになっていました。

スズメバチが余震(前兆・警告)で頚椎捻挫が本震(本丸)だと。

勉強もできず、ひ弱な体だった小学2年生の時から町道場に通い、その後は柔道一直線。ケガのひと月前には、県の強化指定選手に選ばれ、未来が輝いていたころでした。

「そうかあ、よくわからないけど、ほんとに恐いのは、ハチじゃないんだあ。(でも恐いんだけど!)」

ただそれを「知っただけ」なのです。納得したわけでも何でもないのですが、なにかが変わったのです。

その後、彼らが攻撃性を増す秋に、威嚇されたのは1度だけ。スズメバチがいても、遠目にじっと観察している自分がいました。

毎日恐い恐いで出勤していたのですが、なんか楽?たまたまかなあと思っていました。

そして、今年、もう、9月下旬です。スズメバチを理由に辞めたい気持ちも、毎朝の恐れもありません。

さすがに、耳もとの羽音には緊張が走りますが、以前とはまったく違います。

悩みの根っこは、なかなか見えません。でも、それに気がつくと、40年来の「恐怖症」も緩解していきます。これは、ほんとにビックリですよ。

スピリチュアル系のセッションは、怪しげだったり、どこか不安だったり、少々値がはったりと、避ける理由はたくさんあります。

でも、「自分なりにいろいろ取り組んだけど、前に進めない」といったときは、セッションのメッセージや癒しを受け入れる準備が整った合図かもしれません。

そんなときは、「そよ風の仲間たち」で提供している無料体験セッションを活用してみてください。

たくさんは体験していないのですが、『マザータッチ女神の愛ヒーリング』の無料体験を受けたとき、癒しと心の指針をいただいて、とても楽になったことを覚えています。

皆さまにも、よい出会いがきっとあると思います。

投稿者:心と体のさぽーとるーむ「coco kara」 (ココ カラ)

関連記事

  1. 今のあなたへのメッセージ【宿居】

  2. 世界を平和にする方法

  3. 【そよ風手相教室】知能線6:知能線から縦にあがる線

  4. 山羊座満月

  5. 今週の星模様(12/26-1/1)

  6. 今のあなたへのメッセージ【混緩】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。