2022年12月の出会い ~心をノックしてくれた人・物・言葉~

ご覧いただいている皆様ありがとうございます。2022年も終わりですね。今年一年どうでしたか。

私は精神的には乱気流の年でした。「そよ風の仲間たち」とご縁をいただいたことが、刺激になった一年でしたね。

でも、不思議なもので精神的に厳しい一年を乗り越えるための布石も、きちんと自分で打っているものだなと感じます。

今年一番の選択は「畑を借りたこと」でした。これは大きかったですね。無心になる時間と育てる喜び、収穫の楽しみをもたらしてくれました。これがなければ、精神的に苦しかったと思います。

下の写真は、11月30日の畑返却の日にとれた大根、レタス、白菜です。白菜の定植が1週間遅れたため結球しなかったので、白菜は大きな花のようになりました。来年は、結球させたいですね。

皆さまにおかれましても、大変な一年だった方もいらっしゃると思いますが、振り返ってみれば、事前にあるいは大変な最中に、乗り越えるための布石や恵みがあったのではないでしょうか。

今年は経済的な試練にもあいました。お財布が凍えているときに、歯や目といった我慢のきかない所の不調により生じた高額診療は厳しいものですね。

そんなときは、心身のサポートを受けたいと思うのですが、ヒーリングの世界もインフレ気味で手が届きません。

しかしこれも、お世話になった方からお勧めされた本を縁に、いろいろな方にサポートしてもらいました。

今年経済的な危機にあわなければ、「低料金でも素晴らしいサポート・ヒーリング」というアンテナを立てて出会いを求めることはありませんでした。アンテナを立てて求めれば、素晴らしい恵みがもたらされるという貴重な経験ができました。

今月はまた、サポートしてくれた方のお勧めで、バーバラ・アン・ブレナン女史に関連する本を読んでいます。

それは、彼女の著書『光の手』や彼女が推薦する『パスワーク』です。

自己探求には、『パスワーク』はおすすめです。翻訳本特有の分かりにくい表現や言葉が私には難しいのですが、精読するのには最適な本だと思います。

『パスワーク』を読むと二元性の見方を卒業する必要を感じますが、私には「道なお遠し」です。

二元性を超えた目には、今年の出来事はどのように映っているのでしょう?

ロシア、ウクライナ、ウクライナの背後にいる英米・武器商人、日本のコロナ対策、ワクチン副作用の問題、国内の死者激増、物価高、北朝鮮、台湾危機…

二元性の価値観・見方にどっぷり浸かってしまっている私にはよくわからんのです(笑い)。

それでは皆様、一年の疲れを癒して新しい年をお迎えください。

私もお休みに入ります。ありがとうございました。

投稿者:心と体のさぽーとるーむ「coco kara」 (ココ カラ)

関連記事

  1. 【イベント報告 番外編】悪魔よりも怖いもの!

  2. 【そよ風スポット紹介】何度も来たくなる!「Cookhal(クックハル)」

  3. 今のあなたへのメッセージ 【受波】

  4. お地蔵様の頭巾と前掛け

  5. 今のあなたへのメッセージ【祈広】

  6. 【イベント報告】あなたの中に眠る「サイキック能力」を知り【人生を豊かに生きる方法】無事終わりました!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。